不祥事一覧

1998年。お隣・島根県の開星高校が「選抜候補」から外された経緯とは?

お隣・島根県の開星高校は、1998年の秋の中国大会で優勝したにもかかわらず、1999年の選抜候補から外されました。その理由は、転校生を出場させていたからです。週刊文春でスクープされました。しかし、その経緯をよく見ると、開星高校が悪いとは言い切れない事情があります。高野連にも原因があったと言うべきでしょう。

お隣、島根県の開星高校(野々村直通監督時代)が経験した、「選抜候補取り消し」トラブル

お隣、島根県の開星高校では、1998年に「選抜候補取り消し」トラブルが起こりました。「チクリ合戦」に巻き込まれたのです。開星高校は一方的に悪者にされましたが、実はそうとも言い切れない部分があります。ちなみに当時の監督は野々村直通氏。後に「21世紀枠に負けたのは末代までの恥」発言で有名になった人です。