19歳の甲子園一覧

米子東のベスト4入り(1956年夏)の原動力となったエース「長島康夫」投手について

1956年夏。米子東は甲子園でベスト4に入りました。当時の人々に大きな印象を残したのが、エースの長島康夫投手です。戦後の混乱のために就学が遅れたため、19歳で甲子園に出場したということと、快投ぶりが光ったからですね。米子市は大盛り上がりだったそうです。そのことについて、書きます。